浮気疑惑

 

 

『証拠があった』 記事作成者:かやあ(36)

付き合い初めて6年くらいたった時、私たち自身の関係が少しぎくしゃくするようになってしまい、彼からの連絡があまりこないようになりました。
彼は独り暮らしをしていたので私も合鍵を持っていました。
あまりにも連絡が来ないので彼が仕事中に内緒で部屋に行ってみると、敷きっぱなしになっていた布団の周りにティッシュが散乱していたのと、携帯がそのまま放置されていたので(2台持ちしていた)、これは完全に黒だと思いました。
放置されていた携帯の方には特に怪しい物は残っていなかったので、彼と一緒にいてる時に寝てる隙をみて、もう1台の携帯を確認すると『昨日は良かったよ。朝駅(彼の家の最寄り駅)で知人に会ってどうしてこんなところにいるの?って言われたよ』という内容のメールが残っていました。
もうこれは間違いないと思い彼を問いただすと、あっさり認め、私も好きだけど相手のことは愛してると言いました。
結局二股状態で1年近く続きましたが、私たちが別れ彼と浮気相手が付き合うという結果になりました。

 

『ばれていないと思ってるあなた、絶対にばれますよ』 記事作成者:さくら(28)

浮気を疑うようになったのは付き合いだしてまだ2ヶ月くらいのときでした。元々彼は女友達が男友達より多いため、心配はしていましたが「女友達は割り切っている」という言葉を信じていました。しかし、ある日から仕事が終わったら連絡が来てまもなく帰ってくるのが当たり前でしたが、その連絡はもちろん来なく、帰ってくる時間になっても一向に帰ってきませんでした。それが何回か続いたり、彼の家に行こうとすると「明日早いから来なくて良いよ」と言われたのでさすがにおかしいなと思い、ある日彼の家にいたとき、絶対したくはなかったのですが携帯を見てしまいました。すると案の定、私に家に来ないでと言った日に女性と2人で飲みに行き「楽しかったね。また会おうね」的なラインをしていたり、別の女友達には「彼女まじうざい」など悪口を言っていたりとやっぱり疑っていたのは間違いではなかったんだと思い、彼を問い詰めました。すると「もう気持ちはない」と言われ、別れました。その後別れてから一週間でその飲みに行っていた彼女とつきあいだし、しまいには結婚して子供も産まれるそうです。今まで何人か付き合ってきましたが、一番憎い思い出ですが良い経験になりました。

 

『携帯電話のロック』 記事作成者:りえ(28)

付き合っている彼は、「隠し事がなければ、携帯電話は見せることができるでしょ」というタイプの人でした。私も見られて困るものもなく、彼も見たときにほかの男性と連絡を取っていたからと言って、意味不明な束縛はしない人でした。
いつも通り、机の上に携帯を置いたまま、キッチンで晩御飯の準備をしているときに「最近、携帯見てないから見せて〜」と私の携帯を見ていました。本人は満足したようでその場は終わり、ご飯を食べてから「じゃあ、私にも見せて〜」といつも通り見ようとすると、初めてロックがかけられていました。
もちろん、ロックの解除を頼んだんですが、思ってもみない展開になりました。「携帯見せるような疑わしいことなんかしてないよね。見られて困るものはないけど、もう見せる気はない。あ、りえの携帯はたまに見るかもしれないからロックかけないでね」と。自分は見たいのに、人には見せないと急に変わって、口先では「隠すことはない」と言うあたりが、浮気を疑わずにはいられませんでした!

 

『自分と仲良くしようと近寄ってくる同性の怖さ』 記事作成者:さやか38

私の彼は誰にでも優しい。老若男女問わずに。
私たちは職場で出会って付き合いだした。彼からの告白だ。話しも弾み、楽しい事から付き合ってみても良いと思い付き合ってみることにさした。付き合いは順調で、ケンカもなく楽しく過ごしていた。
そんなある日、同 会社でチーム替えがあり、同じチームになった子がすごく親しげに話しかけてきた。趣味も似ていたので、私たちはすぐに打ちとけ、一緒にプライベートで遊ぶようになった。最初は楽しかったが、徐々に誘われる回数が増えていき、休日は月2回程、仕事のときも週3は夜ご飯に誘われたり、私の家に来る。一緒にいない時はLINEがよく来る。まるで付き合っているカップルのようだ。私は段々と面倒になってきたのだ。
私は彼氏に相談してみたが、「本人に正直に話せば?」と言ってあまり話しを聞いてくれず。彼も同じ会社なので、その子の事は知っているが、その子の話しの時は妙にそっけなく、「あまり話さないから分からない。」と言っていた。
しかし、ある日私は休みだったが、会社に忘れ物があり取りに行った際、彼とその子が廊下でケンカをしていたのだ。彼は「あんまり構うな」とか「仲良くするな」とその子に話していた。その子は「私の勝手じゃん」「構ってくれないし」と言っていた。
私は2人の前には行けず、その場を後にした。彼はあまり話さないと言っていた割に、ケンカの際の距離は近く、すごく仲が良さそうだった。
もしかして、2人は浮気しており、私が彼とどこに出かけているのか、いつ会っているのか確認する為に、マメに連絡をとったり、彼と会わせない為にご飯や遊びに誘われていたんじゃないか、という不安が今も私をつきまとっている。